屠殺(とさつ)ないし屠畜(とちく)とは、家畜等の動物を殺すことである。「屠」は「ほふる」の意であるが、近年の日本では、「屠」の文字が常用漢字ではないことから、と殺やと畜と表記されることも多い。一般的には食肉や皮革等を得るためだが、口蹄疫などの伝染病に感染した家畜を殺処分する場合にもこの語が使用される。

【以下、海外の反応】



・うぅぅぅ、とても見てられない。



・いつもおいしく頂いております。ありがとうございます。



・どの牛も黄疸が出てるんじゃない?こういう牛も知らず知らず食べてんのかな。



・目をそむけたらダメだ。ありがたく見なきゃ。



・結構ガリガリなんだね。もっと筋肉があるのかと思ってた。



・見た感じ衛生的にあんまり良くなさそうだね。日本の解体作業の現場をビデオで見たことがあるけど、もっとキレイに仕事をしていましたよ。



・痛いのかな。。。



・なんで、魚を捌く時は何とも思わない輩が多いのに、牛になったら気持ち悪いとか言うの?それこそ差別でしょ。



・こういう仕事をする人ってどんなこと考えて仕事をしているのかな・・・。



・とにかく感謝感謝ですね。ハンバーガーは牛達がいないと食べれないから。



・あぁやって皮を剥ぐんだね。



・内臓もまとめて出るんだ。牛は4つの胃袋があるそうだけど。



・脂が黄色いよ。



・こういう動画を見せる教育も必要。