便所(べんじょ)とは、大小便の排泄の用を足すための設備を備えている場所。さまざまな呼称や異称がある。

この施設は、悪臭を放ち周辺の環境を汚損するおそれのある汚物(主に糞・尿・吐瀉物)を衛生的に処分するための機能を持っている。
近年の文明社会の多くでは、これら施設の多くは水洗だが、中には乾燥させたり、燃焼させたり、乾燥地帯では砂を掛けて糞便を乾燥させて処分する様式も見られ、衛生的に処理できればその方法は問わない。

便所内は臭気が発生するため、換気扇や換気筒などの換気設備を使い、他の室よりも負圧になるように工夫されている。ま
た、便所の壁にはトイレットペーパーを掛けるペーパーホルダーのほか、タオル掛け、手摺などが設置されることもある。水洗式の場合は、個室内に便器洗浄用のタンクやフラッシュバルブが設置される。


【以下、海外の反応】



・あんなにボタンがあるけど、そんなにトイレで使うような事がありますか?



・自動トイレって衝撃的だね。



・私達の街に、良く中国人観光客が訪れるんですが、中国人は自分でした糞便を流しません!



・トイレは狭いけれど、すごい機能があるんだね。



・日本の便器ってこんなんだっったけ?







・こういうところの気の利いた技術は、やっぱり世界一だなーと思う。



・最初イタズラ用なのかと思ったw



・成田空港行きの飛行機で見ましたよ。とりあえず全部ボタンを試してみたけど、とても画期的と思った。



・別に珍しいものではない。



・スウェーデンの公衆トイレは有料だよ。



・はっきり行って、日本のトイレが一番キレイだから。他の国のトイレ使ったことあんの?