日本の住宅は近年までほとんどが木造(木造軸組構法、在来工法)の平屋か2階建で、畳のある部屋(和室)を中心に造られてきた。
第二次世界大戦後、特に高度成長期以降は、生活スタイルや工法の急激な変化に伴い、住宅も大きく変貌している。生活スタイルとして、和室を造らない場合も多くなっており、工法として、集合住宅(中高層・超高層)では鉄筋コンクリート造・鉄骨造のもの、低層の戸建住宅でも鉄筋コンクリート造やプレハブ工法等のものが多くなっている。


【以下、海外の反応】



・屋内庭園は中庭と呼ばれてるんですね。



・この家建てるのに、どのくらいの費用がかかるんでしょうね。



・非常に興味深い造りだね。 



・昔の将軍達がこんな家に住んでいたのかな。



・うわー美しい!!古典古代の宝、日本の家屋。



・今の日本の家の造りとは全然違うんだね。私の印象では、この家こそ日本の家って感じがします。



nanoblock 姫路城
nanoblock 姫路城
posted with amazlet at 14.05.06
カワダ (2009-05-25)
売り上げランキング: 695




・虫のノイズが心地よい。



・へぇ~。こんなツアーがあったんだね。1回行ってみたい。



・こんな家、なんかのアニメで見たような・・・。



・日本の建造物は素晴らしいです。変にアメリカの文化なんか取り入れないで欲しい。



・庭がすごいな。広いし手入れも大変そう。でも、見飽きたりしない。



・サザエさんの家が、一般的な日本の家ってネットに書いてあったよ。



・東京に住んでるアメリカの者だけど、今じゃオール電化の家や太陽光発電の屋根。こんな伝統的な家屋は、まず見ません。昔の日本の木造家屋って魅力的なんだけどな。



・中が迷路みたいで迷いますねw