古い動画で恐縮ですが。
切腹(せっぷく)は、自分の腹部を短刀で切り裂いて死ぬ自殺の一方法。
主に武士が行った日本独特の習俗。自身や臣下の責任をとり、自身の身を以て家の存続を保とうとする行為。近世からは、自死のみならず処刑の方法としても採用された。


【以下、海外の反応】



・なんで、この人はこんな愚かな事をやっているのですか?



・愚かな事をやっているのですか?>これが昔の日本の風習だったからだよ。自分でケジメをつけるらしい。



・自分だったら、怖くて無理だな。今の時代は引き金一つで簡単だけど・・。



・トム・クルーズのラストサムライを見ましたか?最後の戦いの結末を見てみて。



・これが伝統?どう見ても愚かな行為でしかないでしょ。罪を犯したから切腹すると言っても、こう言う行為自体だ罪だよ。



・次の世代を汚さず、誇りを守る為なんだな。







・この映画の名前はなんですか?



・痛そう~。一思いにやってくれ。



・切腹は、腸を除去すると言う意味の儀式です。



・セップクって言うんだね。学校ではハラキリで習いましたよ。



・ようするに、死刑なんでしょ?そのやり方が自分で腹を切るという行為であって・・。



・織田信長と言う武士が、敵にやられる前に切腹して死んだらしい。



・信じられないね。現代でこのような行為をさせているとしたらアホなカルト教団ぐらいのもんだ。



・昔の日本人達は、自分で自分を死す事に恐怖はなかったのかな?神風特攻隊もそうだけど、政府の圧でやらされていただけ?



・現代でこのような行為をさせているとしたらアホなカルト教団ぐらいのもんだ。>イスラムの自爆テロがそんな感じだね。