ga.png

動画再生はコチラからどうぞ


左のASIMO(アシモ)は、本田技研工業が開発し、ホンダエンジニアリング株式会社が製造している世界初の本格的な二足歩行ロボット。
予測運動制御によって重心やゼロモーメントポイント(ZMP)を制御して自在に歩くことができ、階段の上り下り、旋回、ダンスなども可能。親しみやすさを考えたデザインを採用している。
本田技研工業の説明によると、「ASIMO」という名称は「Advanced Step in Innovative Mobility(新しい時代へ進化した革新的モビリティ)」の略である


右のペットマンは、防護服を身に着けて、人間っぽい動きでその性能を試しているペットマン。 ペットマンは防護服から漏れる任意の化学物質を検出する為のセンサーが皮膚に埋め込まれている。
また、肌も体温も人間と同じように発汗したり温度を調節をすることも可能なのだそうだ。どんどん人間に似てきたぞ。このまま歩き出してもおかしくないレベルだ。




【以下、海外の反応】



・ロボットと言うのは、人を助けることもできるし、人を殺すこともできる・・。



・スクワットしてるけど、ワイヤーに吊られてるからできるんじゃないのか?



・もはや人だな、右のロボットが戦場に居ても分からないでしょ。



・リアリティはアメリカのロボットの方が上だけど、日本のロボットの方がいろんな動きが出来るんだね。



・この調子じゃあ、100メートルを10秒を切って走るロボットが出来るのも時間の問題だろう。



・アメリカのロボットは出来ない動きが多すぎ。








・ワイヤーがなかったら倒れるんだぜ。



・ロボットのIQが人間のIQを越えたら、人間はロボットに支配されるらしい・・・



・手術を完璧にする事の出来るロボットが開発されたらいいな。



・30年前じゃあ、こんなに技術は発達するとは思っていなかった。



・いいから、早く車は空を飛ばないの?



・一家に一台って日も近いんだろうね。



・一家に一台って日も近いんだろうね。>もう、すでにルンバがそんな感じになってる。



・アシモの勝ち!



・なんでガスマスクつけてるの?戦争に送り込む為のロボットなの?こんなん作るからいつまでたっても戦争は終わらないんだ。



・ロボットが犯罪を犯したらどうやって裁くんだよ。



・これは不公平な比較です。アシモはパーソナルアシスタント。ペットマンは軍事支援に作られたロボット。